クレジットカード

今日は保険のお話

投稿日:

今日は保険のお話

社会人になったら保険も考えたい

掛け捨てと積立月々の掛け金や契約内容で検討

保険には会社で加入する社会保険や 国民健康保険などのほかに、で加入する保険があります。

それには多くの種類があり、よく知られているものとして、生命保険、損害保険、医療保険、が挙げられます。

また掛け捨て型と積立型があり、掛け捨てはある一定期間を定額掛け金で補償するもので、もう気になると契約が終了。

一方積立とは、6月定額 満期になると満期返戻金としてお金が戻る貯蓄性と保険機能が付いた保険です。

保険料の目安はそれぞれですが掛け捨て型であれば20代なら月2000円から3000円くらいの商品もあります。

一方積立型はつき一万円くらいは必要になります。

年代により必要な保障内容も変わるので適時保険の見直しをすると良いでしょう。

アメックスのクレジットカード12枚の特徴や審査申請基準をまとめて解説!

銀行貯金以上の利回りを保険で

保険の積立型は貯めるために有効であり、払い込んだ保険料より、満期や解約時に戻ってくる解約返戻金や、契約で定められた1時金などの顎の方が多くなるものも。

利回り換算すると銀行貯金などより有利になる得する保険を見つけられます。

例えば低解約返戻金型とする代わりに、満期の解約返戻金が支払い累計を大きく上回る終身保険屋定期保険。

他にも運用に応じて保険金が決まる変額保険では保険料総額以上の死亡年金が設定されているものもあります。

保険は国内外の多くの会社が競争を続けている分野なので条件次第で利用者のメリットが大きくなる商品が出てきています。

ただし保険は専門知識が必要な複雑な商品。

各社の保険を比較しアドバイスしてくれる街の保険デスクなどに相談して選ぶことをお勧めします。

 

-クレジットカード

Copyright© クレジットカード日誌 , 2018 AllRights Reserved.